E 捻挫・打撲痛

Ehwn01296903

<関連ブログ>  すべてのブログ記事は こちら ←クリック!

  • 打撲の痛みや筋肉痛を早く治す一番簡単な方法

  • 打撲や捻挫によってなぜ痛みが長引くのか?

  • 慢性的な痛みの正体

  • 鍼灸の科学/なぜ痛みにはハリが有効なのか?

  • ハリ刺激が痛みを解消する・・・ということ

  • スポーツ・マッサージと筋肉痛緩和の原理


    打撲後の後遺症状の中には、患部の痛みが長期間残ってしまったり、受傷後に炎症に対する適切な処置を行わなかったことによる二次的な筋部の過度な緊張状態が持続することで、その後のスポーツ活動に支障をきたしてしまう方々や日常生活にも支障をきたしているケースがあります。

    プロ野球選手達に発生するデッドボール(打撲)は、シーズンが始まれば日常的に起こりますが、私自身がプロ野球界でメディカル・トレーナーを勤めていた際は、数え切れないほどの「打撲に関する応急処置やその後の治療対応」にせまられており、「打撲」と一言で言っても、その部位や状態や状況によっては様々な対応が必要でしたので、それらの対応方法や経過情報をベースにして施療を行います。また現在の状態如何によっては精密検査等が再度必要なケースもありますので、そういった場合は医療機関もご紹介しています。

    打撲後に起こってくる症状の中には、患部周辺の痛みや過度の筋緊張、また関節付近の打撲では関節可動域の制限(関節が動きにくい)や捻挫を起こしたような嫌な痛み、関節の不安定性が生じることもあります。そのようなケースで、ただ打撲部を冷やし続け安静にしているだけでは完全に治らないばかりか、ましてや長期間冷湿布を貼ったり電気をかけて治るのを待っていても、更に痛みが増幅し症状が長引いていくのは当然だとも言えるでしょう。

    打撲が発生した際のRICE処置(氷で患部を圧迫しながら冷やす、心臓より高く上げる、患部を安静にする)といった打撲時の初期対応は、すでに一般常識として世の中に流通していますが、そのような応急処置=その後の治療ではない・・・ということを頭の中に留めておいてください。応急処置はあくまでも応急処置です。

    打撲後に生じた痛みや筋肉の緊張、関節の運動制限、関節の不安定感に対する適切な治療が行われていないと、長期間にわたって打撲後遺痛や関節付近の痛みが慢性化するからです。

    病院を受診して、骨や軟骨に異常がない、靱帯に異常がない・・・など、器質的な異常を全く認めない・・・と診断を受けたにも関わらず、打撲後の状態が悪化していれば、当院で解決できるケースもありますし、もちろん早期の段階で対応させていただく方がよりベストです。

    基本的には打撲後の疼痛や慢性痛、関節可動域の改善、また打撲後の過度の筋硬直に対してはハリ治療や温灸療法・温熱光線療法、また状態に応じて適切なスポーツマッサージ、テーピング療法を同時に行います。電気治療を長期間受けたが治らない 薬を飲んだりシップを張っても治らない、痛みを早く治したい・・・そういった状態に陥っている方は、ぜひ一度、ご相談下さい。(by 院長)



    Copyright © 2017 Yokohama tahoudou Japan. All rights reserved