6 院長プロフィール

ー ご挨拶 ー

はじめまして、横浜・多宝堂治療院の院長です。
私は
東京・中目黒で生まれました。中学生半ばまで東京・目黒区自由が丘で育ちましたが、中学2年の際に横浜青葉区たまプラーザへ、横浜市立山内中学校、高校は神奈川県立荏田高校を卒業しました。

高校卒業後、故・金田正一氏(プロ野球400勝投手)が経営していた34スポーツマッサージ倶楽部に在籍勤務しながら国家資格取得のため東京衛生学園(鍼灸マッサージ)へ入学。34スポーツマッサージ倶楽部在籍時には、プロ野球界では村田兆治さん、プロゴルファー界では青木功さん、キックボクサー界では伊原信一さん、芸能界では野口五郎さん、渡辺謙さん、前田美波里さん、木梨憲武さん、藤井フミヤさん、高崎晃さんなどがよくお見えになり私もよくスポーツマッサージを行わせていただきました。

1991年、プロ野球・日本ハムファイターズ(現・北海道日本ハムファイターズ)にトレーナーとして入団。
球団専属トレーナーとして長年歩んでまいりましたが、その間、プロ野球選手達(西崎幸広選手、田中幸雄選手、片岡篤選手、島崎毅選手、入来祐作選手、新庄剛志選手、ダルビッシュ有選手など、他、多数の選手の方々)をサポートさせていただきながら、2006年には北海道日本ハムファイターズが日本一に輝くこととなり、優勝旅行ではチーム全員がニュージーランドの地で喜びを互いに分かち合うことができました。

それまで培ってきた治療経験やトリートメントの技術を活かしつつ、多くの方々に施療を提供していきたいとの志から、2007年にファイターズを退団、同年12月より横浜の都筑区内で治療院を開院させていただきました。皆様からいただいたご相談の多くはスポーツ障害や外傷等による「痛み」や「運動障害」の改善です。また自律神経障害・ストレス性疾患、体質的・遺伝的要素によるその他の疾患、腰痛、神経痛等、多岐にわたる傷病への治療を行ってまいりました。

静養しているだけではなかなか改善しない傷病は多いと思いますが、鍼には優れた鎮痛効果や血液循環を改善する効果があるため、慢性痛や慢性傷病を改善させることができます。東洋医学における経穴(ツボ)には特効穴(症状に則した効果のあるツボのこと)というものがあります。それらの有効な経穴を用いながら鍼施術を行うと酷い痛みが緩和したり、血液の流れが滞って硬くなってしまった筋肉や腱が柔軟性を取り戻して運動機能を改善することにも繋がってまいります。さらに自律神経系に経穴刺激作用を働かせれば本態性高血圧が正常に戻ったり不眠症が改善したり慢性の倦怠感などが徐々に和らいで身体が元気になってまいります。

また捻挫や打撲などによって炎症を起こしてしまった患部に対しては、適切な時期に施術を行っていくことで痛みが早く緩和したり、その後の運動機能の回復を早めることにもつながります。鍼施術の治癒効果を更に高めるためにスポーツマッサージは必須となりますが、筋肉が硬く異常緊張している状態のままで患部をマッサージするよりも、事前にハリによる麻酔効果を高めれば初めからスポーツマッサージをしっかり行うことができるため、更に治療効果が高まり早期回復につながっています。

治療院ではお子さんからご高齢の皆様まで様々なご相談をいただいておりますが、日々研鑽を続けながら、多くの皆様のご期待に添えるよう今後も努力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

横浜・多宝堂治療院   院長 K.SUWA



□ 国家資格取得

  • 鍼師、灸師、マッサージ師(東京衛生学園・東洋医療総合学科卒業)
  • JPBATS OB(日本プロ野球・トレーナー協会OB)

□ 施療内容 

  • スポーツ・マッサージ/鍼灸/整体/運動療法/テーピング/コンディショニング指導

    Copyright © 2020
    Yokohama tahoudou Japan. All rights reserved