« 五十代女性の膝の上部や内側部の痛みの原因と治療 | メイン

5年ぶりのブログです・・・

Yokohamatahoudou1001




こんにちは 横浜多宝堂治療院の院長です。

治療院ブログを書き始めたのが2008年・・・その後、7年ほど綴ってきたブログを2015年頃から一時的にお休みしたのですが、その理由は色々あったものの、簡単にご説明すると「治療に専念する以外の時間があまり取れなくなってしまった。」というのが正直なところだったのです。

そこから早5年の月日を経てしまったのですが、もちろんその間も訪れていただいた皆様のご相談を日々お受けしながら全力で施療に打ち込んで参りました。

この世界に足を踏み入れるきっかけをいただいた私の師匠が83歳でこの8月お亡くなりになりました。東京目黒区自由が丘で「多宝堂」を開業されていた師匠に初めて私が治療を受けたのは中学二年生14歳の頃でした。

中学野球部で私は野球肘を患い、整形外科で治療を受けていてもなかなか状態が良くならず、この自由が丘・多宝堂の院長である師匠の治療を受けて完治に至った・・・という経験から、師匠と同じ職業を目指そうと志したのは私が高校二年生の時でした。

高校卒業と同時にプロ野球400勝投手である金田さんが経営されていた東京中目黒にあった34スポーツマッサージ倶楽部に在籍、苦学しながらの国家資格取得や施療技術習得も師匠の薫陶を受けながらの6年間でした。

その後、25歳の時にプロ野球日本ハムファイターズに専属トレーナーとして入団し選手達と共に勝負の世界で仕事をさせていただけたのも師匠の信頼と期待があったからだったと心から私は感謝しています。

41歳の時に「横浜・多宝堂治療院」という名称で開業させていただいたのは、師匠の意志を引き継ぎ多くの方々のために頑張っていこう・・といった自身に課した誓いのようなものでもありました。しかし70代まで元気なお姿で仕事をされてきた師匠にはまだまだ足元にも及ばないと思っておりますし、ここから更に自分自身を磨いていかなくてはならないなと反省しきりの日々です。

ここ横浜都筑区で治療院を開業してからこの9月で11年9カ月になりますが、開業当初から本当に沢山の皆様にご利用いただいて参りました。

ここへ訪れてくださった皆様が一日でも早く良くなるように・・・それだけを考えながら日々の施療に携わってきました。体調やケガを回復され、その後もご信頼をお寄せ下さり、何かあるごとにご相談をいただいたり、お知り合いにご紹介下さったりといった方々も沢山いらっしゃいました。

治療院に足を運んで下さった皆様には心より感謝しております。

皆様が健やかな毎日を送ってくださることを日々願いながら・・・亡くなられた師匠の志を受け継ぎ、横浜の「多宝堂」として今後も更に頑張って参りますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。


令和元年9月1日 横浜多宝堂・院長